帰宅時間が6時以降になる日の簡単レシピ

帰宅時間が6時以降になる日の簡単レシピ / 鮭と舞茸のチーズ焼き

我が家では平日3日間は子供の習い事の送り迎えがあり、帰宅時間が6時半以降になってしまいます。ついつい出来合いの惣菜を買ってしまいがちなのですが、毎回となるとコストもかかるし、栄養面も気になりますよね。 ずぼらな私ですが無理のない範囲で手作りをがんばってます。 そんな中、よく作る定番メニューをシリーズでご紹介していきます。 1回目は「鮭と舞茸のチーズ焼き」です。

●材料(1人分) 所要時間:20分くらい
◯鮭の切り身:1切れ
◯舞茸(きのこならなんでもOK):適量(小さめのパックで半分くらい)
◯スライスチーズ( とろけるタイプじゃなくてもOK):1枚
◯オリーブオイル:大さじ1
◯バター:5〜10g
◯スライスしたにんにく:適量(なくてもOK)
◯小麦粉:適量(なくてもOK)
◯カレー粉:香りづけ程度(なくてもOK)
◯乾燥パセリ:適量(なくてもOK)
◯マヨネーズ:適量
◯塩コショウ:適量

●最低限マヨネーズと塩コショウがあればおいしいです。
その場合、マヨネーズ多めで。
カレー粉、バター、にんにくを加えると味に深みが出ます。
●作り方
1、鮭を4〜5等分に切る。皮は気になるようなら外す。
2、舞茸を手でほぐす。
3、鮭に塩コショウしたあと小麦粉を薄くまぶす。
 (時短の場合は小麦粉は付けずにそのままでもOK)
4、フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて、鮭と舞茸を焼く。
鮭は片面に焦げ目がついたら裏返し、蓋をして蒸し焼きにする。
  舞茸はしんなりしたら先に取り出しておく。
鮭に火が通ったらOK。
5、耐熱皿に鮭と舞茸を並べてその上からカレー粉を軽くかける。
  (かけすぎるとカレー味になります・・・お好みで)
6、マヨネーズをかけ、バター、チーズを乗せてトースターへ。
(バターは塊のままでもOK)

フライパン不使用「サバ缶」と「じゃがいも」で代用可能。

フライパンで鮭を焼く工程が面倒な場合は「サバ缶」と「じゃがいも」で
代用もできますよ。
こちらはフライパン使いません!
サバ缶はできればオリーブオイル漬けがオススメ。じゃがいもは適当な大きさに切ってレンジであらかじめ火を通しておきます。
あとの工程は鮭の場合と同じです。
こちらはよくハンバーグやフライの付け合わせに作ります。
銀紙の容器に小分けしてトースターに入れた後、
そのままお皿に付け合わせるとボリュームが出てオススメです。
焼き魚にテンションが下がる我が子もこれならよろこんで食